埋没法がおすすめです|自分の美しさを最大限に引き出そう

目元から生まれ変わる

カウンセリング

一重まぶたを二重にしたいと望む人がたくさんいますが、そうなるための方法は大きく3種類に分けることができます。まず1つめは、自分でまぶたのマッサージを行い、まぶたに二重のシワを刻み込むという方法です。費用が全くかからないというメリットはあるものの、なかなか結果を出しにくいというデメリットがあります。2つめは、アイプチを使ってまぶたを二重にする方法です。メイク感覚で簡単に二重にすることができますが、目を伏せた時の印象に違和感があります。自然に見え、なおかつ確実性が高い方法を望んでいる人には、3つめの方法である美容整形手術をおすすめすることができます。まぶたを二重にする美容整形手術には、切開法と埋没法の2種類がありますが、最近は埋没法を選ぶ人が多くなっています。

まぶたを二重にしたいと望む人の大半が、いわゆる若年層です。年齢が高くなってから二重整形手術を受ける人は、あまり多くありません。年齢が高くなるにしたがって、美容上の悩みがドンドン増えていきます。一重まぶたよりも深刻度の高い悩みがたくさんできてしまうため、まぶたの形状がどうなっているかについては二の次になってしまう傾向があります。とはいえ、年齢が若い人は経済的な余裕があまりありませんから、切開法の料金の高さが大きなネックになります。切開法でまぶたを二重にする場合は、両目で30〜40万円前後の費用がかかります。しかし、埋没法であれば、両目を手術しても10万円以下で済む可能性が高いです。埋没法による手術は切開法に比べてグッと難易度が低いため、手術料金がリーズナブルになっています。ですので、なるべく費用をかけずに二重まぶたになりたいと望んでいる人には、埋没法の利用を検討してみるとよいです。