埋没法がおすすめです|自分の美しさを最大限に引き出そう

二重になる人気の施術

目を閉じる女の人

手術方法の選び方

一重まぶたを二重にしたいという願いを叶えたいのであれば、美容外科クリニックを受診して二重整形手術を受ける必要があります。二重整形手術には、切開法と埋没法という、2種類の方法があります。埋没法の方が料金が格段に安くなっているため、埋没法による二重整形手術を希望する人が増えてきています。ただし、まぶたの状態によっては埋没法では二重にすることができない可能性があります。具体的に言うと、まぶたに脂肪がついて厚ぼったくなっている人は、その脂肪を除去しない限り、望み通りのキレイな二重まぶたになることができません。ですので、そのような人は、埋没法ではなく切開法による二重整形手術を受け、余分な脂肪を除去してもらう必要があります。

イメージのすりあわせ

一重まぶたを二重にするだけで理想の顔に必ずなることができるはずだと思い込んでいる人が少なくありません。しかし、現実的なことを考えると、ただ単純にまぶたを二重にしてしまった結果、顔全体のパーツのバランスが崩れてしまうケースがよくあります。たとえば、目の横幅が狭い人が二重整形手術を受けると、どんぐり眼になってしまう可能性が高いです。医師とのカウンセリングを重ねて、自分のなりたいまぶたのイメージをきちんと伝えることが大切です。クリニックによっては、施術後のイメージをシミュレーションしてくれることもあります。イメージのすりあわせを行なうことで、施術後のトラブル回避に繋がります。埋没法は、まぶたの裏側でとめてある糸を外すだけで簡単に元の状態に戻すことができるので、イメージと違う仕上がりになっても元に戻しやすいというメリットもあります。